2016年11月、鶴ヶ島市が主催する「女性がつくる鶴ヶ島ブランド」コンペにおいて、認定を頂きました。

 

今や全国的な問題ですが、人口の高齢化により、ペットを飼うことを躊躇する方は増えていると感じます。

家族や知人に頼んで車を出してもらわないと通院ができなかったり、インターネットなどで情報を得ることができず、困っていても誰に相談したらいいのかわからないなど、動物病院で対応しきれていないケースも多くみられるようになりました。

ペットを飼うすべての人が、安心して暮らせるような町づくりを目指して、高齢者や子育て世帯が気軽に相談できる獣医療サービスを提案していきます。

 

動物も人間も、どの世代であっても生き物と暮らす事で、心が豊かになり、他人とのコミュニケーションも豊かになります。

例えば、ワンちゃんと一緒にお散歩に出ることで、毎日顔を合わせる仲間ができたり、普通の生活では会話をする機会の無い世代同士でのネットワークも生まれます。

また、健康診断や治療などで定期的に訪問することで、表面化していない問題に気づくことができたり、一人暮らしの高齢者の方の見守りやお手伝いができることも、往診のメリットだと思っています。

「病気ではないかもしれないけれど、ちょっと心配なので相談したい。」

「病院では大丈夫と言われたけれど、他の獣医さんの話も聞いてみたい。」

など、気軽に電話できるような距離感の獣医さんとして、地域の皆様のお役に立てたら嬉しいです。